名刺作成フリーソフトまとめ

スポンサーリンク

名刺印刷

名刺作成が無料!おすすめフリーソフト10選

  • 名刺作成におすすめのフリーソフトが知りたい。
  • テンプレートを使って、簡単に名刺を作りたい。
  • 個人で使うので、お金をかけずに名刺を作りたい。
  • 急いでいるので、すぐに名刺を印刷したい。

 

この記事では、印刷会社の営業マンとして20年の経験を持つ筆者が、

簡単に名刺作成ができる、おすすめのフリーソフトを紹介しています。

 

この記事を読んでいただければ、お金をかけず、しかも簡単に名刺作成ができます。

ぜひ、参考にして名刺を作ってくださいね!

 

 

用紙の選び方を知りたい方はこちら

自作名刺にオススメの用紙はこれ!紙質から厚さまで解説!

名刺用紙タイトル画像
名刺の自作におすすめの用紙はコレ!印刷のプロが解説します。

名刺用紙の選び方が知りたい。 名刺用紙にはどんな種類があるのか知りたい。 おすすめの名刺用紙を教えて欲しい。   名刺用紙には紙の厚さや材質など、さまざまな種類があります。 初めて自作名刺に ...

続きを見る

 

ラベル屋さん

ラベル屋さん10

名刺作成フリーソフトでいちばんのおすすめは「ラベル屋さん」です。

 

ビジネス用からプライベート用まで、テンプレートが689種類も用意されていて、

お好みのテンプレートを選んで、名前や住所を変更すれば、簡単に名刺作成ができます。

初めて名刺作成をするの方・デザインが苦手な方でも安心ですよ。

 

編集機能は、有料ソフト顔負けの高機能で、ほとんどドラッグ&ドロップだけで操作可能。

初めてでも直感でサクサクと操作・編集できます。

 

ラベル屋さんにはWEB版とインストール版がありますが、WEB版ならインストール不要。

ラベル屋さんのサイトにアクセスすれば、すぐに使えるので、気軽に試すことが出来ます。

 

ラベル屋さんはA-ONE用紙専用のソフトですが、

A-ONEは名刺用紙の種類が豊富なので、用紙選びの面からもおすすめです。

⇒用紙選びはこちら

 

ラベル屋さんの特徴

  • テンプレートを選んで、名前や住所を変更すれば簡単に名刺ができる!
  • 無料で使える名刺テンプレートが697種類でダントツに多い。
  • WEB版はサイトにアクセスすれば、すぐに使える。
  • 選べる名刺用紙の種類が多い。

※テンプレート数は2021年9月13日に確認しました。

 

 

 

らくちんプリント

らくちんプリント

らくちんプリントは、パソコン周辺機器メーカーのELECOMが提供している名刺作成ソフト。

 

編集機能はドラッグ&ドロップ中心で、ワードやエクセルの経験者ならすぐに操作できます。

 

ただし、テンプレートの数が少なく、用紙によっては使えるテンプレートが無いこともあるので、

初心者や簡単に名刺を作りたい方には厳しいです。

 

ゼロから名刺のデザインができる、慣れた方向けにおすすめします。

 

らくちんプリントの特徴

  • 多彩で高機能な名刺作成ソフト。
  • テンプレートの数が少ない。
  • インストール不要のWEB版はすぐ使える。

 

 

 

合わせ名人

合わせ名人スクリーンショット
合わせ名人は、シンプルで使いやすい名刺作成ソフトです。

宛名ラベル作成に人気のフリーソフトなので、使った事がある方も多いのではないでしょうか。

 

名刺を作るには、テキストボックスを使って文字を入力・編集します。

操作はわかりやすく、初めての方でもすぐに使いこなせるようになります。

 

「ラベル屋さん」や「らくちんプリント」に比べると、

文字の装飾や画像の編集機能が弱いですが、そのぶんシンプルで使いやすい。

使いやすさ重視の方には「合わせ名人」がおすすめです。

 

合わせ名人テンプレート

テンプレートは、シンプルでお洒落なビジネス用テンプレートが揃っています。

 

合わせ名人の特徴

  • 高度な編集はできないが、シンプルで使いやすい。
  • ラベル印刷で使った事がある人が多い。
  • テンプレートのデザインが良い。

 

 

 

Canva

canva

Canvaはインターネットを使ったフリーのデザインサービスです。

 

編集機能はドラッグ&ドロップ操作がメインで使いやすく、

スマホでからでも簡単に名刺を作ることができます。

 

無料会員でも、基本的な編集機能と8,000以上のテンプレートが使え、

誰でもデザイナーが作ったようなお洒落な名刺を作れます。

 

さらに、名刺を印刷して自宅へ届けてもらうことも可能なので、

印刷の質にこだわりた方でも安心です。

 

ポイント

canvaの名刺テンプレートは、海外仕様の「85×50mm」サイズなので、日本で使われている名刺サイズ「91×51mm」より一回り小さいです。

ビジネスで使う名刺を作るなら、「91×51mm」のカスタムサイズで作成する事をおすすめします。

 

 

 

デザイン満彩

デザイン満載

デザイン満載は、名刺作成用のフリーソフトとして配布されていましたが、

2019年1月24付けでサポートを終了し、ダウンロードができなくなりました。

 

現在は、名刺を中心としたデザインテンプレートを掲載する

ポータルサイトとして運営されています。

 

名刺のデザインテンプレート数は17点と少ないですが、

WEBで入力するだけで名刺印刷用のデータ作成ができます。

 

名刺作成ソフトを使うのが面倒な方や、とにかく簡単に名刺が作りたい方は、

デザイン満載をいちど試してみてくださいね。

 

※デザインテンプレート数は2021年9月13日に確認しました。

 

 

 

ラベルプロデューサー

ラベルプロデューサーのイメージ

ラベルプロデューサーは、maxell用紙専用の名刺作成ソフトです。

 

文字入力や写真挿入などの基本的な編集機能は揃っていますが、

長い間アップデートされていなく、一昔前のソフトといった印象。

 

実際にmaxellの名刺用紙を購入して使ってみたところ、

購入した用紙の品番がラベルプロデューサーに

登録されていなくて戸惑いました。

 

これから名刺作りを始めるかたには、ちょっと厳しいソフトです。

 

 

 

♪名刺

♪名刺

「♪名刺」は、操作が単純明快で時間をかけずにサクッと名刺を作れるフリーソフトです。

 

編集機能は最低限ですが、その分わかりやすく、初めての方でも20分もあれば名刺を作れます。

とにかく、簡単にサッと名刺を作りたい方にオススメです。

 

♪名刺の特徴

  • 編集機能はシンプルで単純明快。
  • サクッと簡単に名刺が作れる。
  • ガイドラインと縦横の定規でレイアウト・文字揃えが楽。

 

 

 

名刺を作ろう!

名刺を作ろう

「名刺を作ろう!」はオーソドックスな名刺作成フリーソフトです。

 

操作はドラッグ&ドロップ中心で、サクサクと軽快に名刺が作成できます。

マス目(グリッド線)の表示があるので、位置を揃えが簡単で編集しやすい。

 

ただし、デザインテンプレートが無く、いちから編集する必要があるので、

名刺を初めて作る方には難しいかもしれませんね。

 

それと、切り取り用のマークを入れて印刷できるので、名刺用紙以外にも印刷できます。

カットする手間はかかりますが、高級紙や特殊紙に印刷すれば、

オリジナリティの高い、目を引く名刺を作成できますよ。

 

名刺を作ろう!の特徴

  • 編集機能は必要最低限だが操作しやすい。
  • テンプレートが無いので、初めての方には難しい。
  • 特殊紙や高級紙を使った名刺の作成が可能。

 

 

 

名刺MAKER

名刺MAKER

名刺MAKERは、シンプルな名刺作成用フリーソフトです。

 

文字の入力編集だけではなく、簡単な図形を組み合わせてロゴマークを作ったり

写真を組み合わせることもできるので、見栄えの良い名刺を作成できます。

 

ポイント

名刺MAKERは、Windouws10標準でサポートされていないLZH形式で圧縮されています。

LZH形式を解凍するにはフリーソフトのLhaplusがおすすめです。

 

 

 

my名刺倶楽部Free

My名刺倶楽部FREE

「my名刺倶楽部Free」は、名刺作成ソフト「my名刺倶楽部」の無料お試し版です。

 

使えるテンプレートやフォントに制限がかかりますが、

編集機能は製品版と同じなので、購入前に操作感や機能を試すことができます。

 

ただし、「my名刺倶楽部Free」を利用するにはユーザー登録が必要で、

90日ごとにアクセスキー更新も必要です。

「my名刺倶楽部Free」をずっと使い続けるのは、アクセスキー更新が手間なので、

あくまでも「my名刺倶楽部」のお試し用に、おすすめします。

 

my名刺倶楽部Freeの特徴

  • my名刺倶楽部を購入前にお試しできる。
  • 40以上の用紙メーカーに対応しているので用紙を選ばない。
  • ユーザー登録と、90日ごとのアクセスキー更新が必要。

 

 

 

My Card Maker

mycardmakerのスクリーンショット

My Card Makerは、インターネット上で、名刺作成ができるオンラインフリーソフト。

インストール不要で、インターネット環境があれば、どこからでも利用できます。

 

ほとんどの操作がドラッグ&ドロップなので直感的でわかりやすく、

画像をアップロードして編集できるので、凝ったデザインの名刺も作成可能です。

 

ただし、ファイルの保存形式がプロが使うラスタ形式/ベクタ形式なので、

Adobe社の「Illustrator」のようなプロ用編集ソフトが無いと保存ファイルを開くことが難しい。

 

それと、データの保存をするには、氏名・住所・メールアドレスを

送信する必要があるのは少し面倒に感じました。

 

 

 

mPrint

mprint

mPrintは、オーソドックスな名刺作成用フリーソフト。

 

文字入力はもちろん、写真やマークの挿入が簡単にできます。

A4サイズの厚紙にカット線入りで印刷して、自分でカットすれば名刺のでき上がりです。

ブログ名刺やコス名刺など個人で名刺を作るのにピッタリなフリーソフトです。

 

mprintの特徴

  • 文字入力や画像の挿入など名刺の編集は一通りできます。
  • 文字や写真はドラッグ&ドロップで拡大縮小や移動ができるので使いやすい。

注意ポイント

■mprintは残念ながら現在ダウンロードできなくなりました。

 

 

印刷通販の方が安上がり?

いままでプリスタで印刷した名刺サンプル

■全てプリスタで印刷した名刺です。

ここまで、名刺作成用のフリーソフトを紹介してきましたが、

用紙代とインク代、かかる時間を考えれば、

名刺印刷サイトに頼んだ方が安上がりだし手間もかかりませんよ。

 

例えば、印刷通販プリスタ なら、片面モノクロ名刺100枚が150円~。

ゆうパケット送りなら、印刷料と送料を合わせて410円~で自宅に届んです。

 

名刺用紙の代金が500円くらいなので、

これなら自分で名刺を作るよりプリスタに頼んだほうが安いですよね。

 

それに、16時までの注文で当日出荷してくれるスピード対応なので、

注文してから自宅に届くまでが驚くほど速いです。

 

もちろん、自分名刺と比べて印刷クオリティが高く、

ビジネス用で使っても恥ずかしくありません。

 

気になった方は、プリスタの公式ページを確認してくださいね。

 

プリスタのポイント

  • 名刺が激安(名刺100枚が送料込みで410円~)。
  • 納品が速い(16時までの注文で当日出荷)。
  • テンプレートから選んで簡単に注文できる。

 

■プリスタの公式ページはこちら

 

 

さいごに

今回紹介したフリーソフトを使えば、簡単にオリジナル名刺を作成できますので、

いちど名刺作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

それと印刷通販プリスタを使えば、クオリティーの高い名刺が

自作名刺とあまり変わらない費用で印刷できますのでご検討ください。

では、この辺で失礼します。

 

 

  • この記事を書いた人

うちプリ

印刷会社に営業マンとして20年以上勤めている印刷のプロ(おじさん)。 いつも、会社でチラシの原稿作りを頑張っています!  このサイトでは、印刷物の自作や、ネットの印刷会社をレビューしています。 詳しいプロフィールはこちら

-名刺印刷