名刺MAKER アイキャッチ

スポンサーリンク

名刺作成

名刺作成ソフト 「名刺MAKER」の使い方。

この記事では名刺作成ソフト「名刺MAKER」のダウンロードから名刺を印刷までを実際に自分でやってみて解説しています。

名刺MAKERはVectorのダウンロードページよりダウンロードできます。⇒ダウンロードページはこちら

ダウンロードページに行き「ダウンロードはこちら」⇒「ダウンロードページはこちら」⇒「このソフトを今すぐダウンロード」の順に緑のボタンを押していきます。

「mm120.lzh」という圧縮されたファイルでダウンロードされます。lzhファイルは昔よく使われていた圧縮形式ですがWindows10では対応していないません。

lzhを解凍するのにはフリーソフトのLhaplasがおすすめです。

 

名刺メーカーフォルダの中身

解凍するとディスクトップにmm120というフォルダができますので開いてみましょう。

アイコンが「名」になっている「MeishiMk」というアプリがあるのでダブルクリックすると名刺MAKERが起動されます。

 

名刺MAKERの使い方

名刺MAKER 起動画面

起動するとこちらの画面が表示されます、上部にツールバーのアイコンが並んでいますので簡単に解説していきますね。

 

ファイル操作

①は名刺MAKERを閉じる、②は新しい名刺を作る、③は保存してあるファイルを開く、④が上書き保存になります。

ワードやエクセルとアイコンが同じなのでわかりやすいと思います。

 

テキスト入力

名刺MAKERテキスト入力

⑦の文字入力ボタンを押すと文字入力ウインドウが出てきます。

文字入力ウインドウでは、フォント(書体)や文字色・文字サイズの変更ができます。文字装飾は太字・斜体・アンダーライン・取り消し線ができます。

入力した文字を修正したい場合はオブジェクトを選択して右クリック>オブジェクトの修正を押してくださいね。

 

画像の挿入・簡易描画

名刺MAKER 画像挿入の解説

⑧のボタンで画像の挿入ができます、顔写真や似顔絵などの画像を入れるのに使います。

⑨のボタンは背景に薄い地紋などの画像を敷く場合に使います。

⑩のボタンは直線や円などの簡単な図形を描けます、簡単なロゴマークの作成に便利です。

※上の画像は右上に似顔絵画像を入れ、バックに布目の画像を敷き、左上にロゴ風に簡易描画したものです。

 

グリッド表示

名刺MAKER グリッド表示

⑪のボタンは文字や画像を揃えやすいようにグリッド(マス目)を表示するボタンです。

名刺のデザインはとにかく揃えることが基本です、編集するときは必ずグリッド表示して揃える事を意識して下さいね。

※上の画像はグリッドを表示した状態です、バックに小さな点(グリッド)が表示されています。

 

用紙の設定・印刷

名刺MAKERの用紙設定

⑤の用紙設定では名刺のサイズの変更や余白の設定をします。

通常の名刺は91X55mmサイズですが、女性向けの一回り小さい85X49mmサイズの名刺を作る事もできます。

それと、用紙寸法は名刺用紙のパッケージに書いてありますので間違いなく入力してくださいね。余白寸法を間違うと印刷がズレてしまいます。

 

印刷

⑥のプリンターボタンを押すと印刷できます、プレビューなどは表示されずそのまま印刷されますのでご注意下さい。

 

名刺MAKERで作った名刺

名刺MAKERで作りました。

 

-名刺作成

Copyright© かんたん!できる!印刷通販 , 2020 All Rights Reserved.