封筒を自宅のプリンターで印刷

スポンサーリンク

封筒

封筒をプリンターで印刷しよう(Word編)

少量なので印刷会社に頼むほどでもない時や、手作り封筒を作りたい時など、封筒をプリンターで印刷したいときってありませんか?

プリンターで封筒を印刷しようと思っても、どんなソフトを使ってどういう風にデータを作って印刷すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

この記事ではWord(ワード)を使って封筒をプリンターで印刷する方法を、データの作り方から印刷方法まで詳しく説明しています。

それと、同じデータをプリンターで印刷したものと印刷通販プリントパックで印刷したものを比較してみましたので、仕上がりに興味がある方は確認してください。

是非、この記事を参考に封筒をプリンターで印刷してみてくださいね。

 

封筒の用紙選びに迷ってる方におすすめ!

【封筒用紙の選び方】印刷のプロがおすすめするのはコレ!

封筒用紙の選び方
【封筒用紙の選び方】印刷のプロがおすすめするのはコレ!

  封筒をどこで買えばいいのか迷っている。 オススメの封筒用紙を教えて欲しい。 色付きの封筒で印刷したらどんなイメージになるか知りたい。   僕は印刷会社で営業マンとして20年以上 ...

続きを見る

 

Word(ワード)を使って封筒印刷

マイクロソフトのWord(ワード)を使って封筒を印刷できるようなので、試しに印刷してみたらかんたんにプリンターで封筒を印刷出来ました!

Word(ワード)を最初からパソコンにインストールしている方も多いので、今回はWord(ワード)を使って封筒をプリンターで印刷する方法を解説したいと思います。

ポイント

僕のパソコン環境はWindows10マシンで、Wordのバージョンは2016、プリンターはEPSON EP881AWを使っています。プリンターによっては封筒を印刷できないものがあるのでマニュアルを確認してくださいね。

テストデータを作るの時間が無い方は下のボタンからダウンロードができます。

 

 

ワードを使って封筒印刷

用紙の設定

ワードで封筒印刷 サイズの設定

まず、Wordを起動して、白紙の文書を作りましょう。

次に上部ツールバーのレイアウトを選んで、次にサイズを選びます。

下の方にスクロールさせていくと封筒が出てくるので、印刷したい封筒の種類を選びましょう。

ワードに初めから登録されている封筒のサイズは下の表通り6種類です。

封筒名サイズ(ふた含まず)備考
長形3号封筒120×235mmA4サイズ3つ折りが入るのでA4の書類送付に。
長形4号封筒90×205mmB5サイズ3つ折りが入ります、伝票や書類送付に。
洋形1号封筒176×120mmA5二つ折りが入るサイズ、招待状送付など。
洋形2号封筒162×114mm官製はがきが入るサイズ、案内状など。
洋形3号封筒148×98mm写真(L判)が入るサイズ、写真入れにピッタリ!
洋形4号封筒235×105mmA4横3つ折りが入るサイズ、A4の案内状・招待状送付に。

その他のサイズの封筒を印刷したい時は、サイズ⇒その他の用紙サイズで印刷したい封筒のサイズを入力してくださいね。

 

ワード 封筒 印刷の向き設定

サイズを選んだら、次は印刷の向きを選びます。

長形4号・長形3号などの長形封筒は和封筒と呼ばれ、印刷の方向は縦が基本。

洋形1号~4号などの洋形封筒は洋封筒と呼ばれ、印刷方向は横が基本です。

 

ワード 封筒 余白設定

余白の設定をします、「狭い」を選ぶかユーザー設定の余白で標準より狭く設定してください。

 

ワードで作った封筒 余白の比較

上の画像を見てもらえればわかりますが、余白を標準で印刷すると余白が空きすぎて使い物になりません。

 

文字だけの封筒を作ろう。

文字だけの封筒なら一番下にテキストボックスで枠を作り内容を入力するだけです。

テキストボックスの作成は、上部メニューから挿入 → テキストボックス(右寄りにあります)→ シンプルテキストボックスを選択すると簡単にできますよ。

 

テキストボックスを選択して右クリックすると罫線の色や太さを変更できるので、好みで変えてくださいね。

画像のデータは罫線の色は黒で、太さは1.5ptです。

 

イラスト入り封筒の作成

ワードカラー封筒-解説

イラスト入りの封筒だって画像やテキストボックスを組み合わせで、かんたんに作れますよ!

 

画像の挿入解説

画像の挿入は上部メニューの挿入から画像で、挿入したい画像を選んでくださいね。

 

ワードで封筒印刷 前面背面の解説

注意するのは画像や図形を配置する位置が前面なのか背面なのかだけ。

前面・背面の切り替えは、画像やテキストボックスの左にあるアイコンをクリックするとメニューが出るので指定できます。

 

封筒の印刷

プリンターに封筒をセット

トレイからの給紙でも印刷できますが、ちょっと不安なので手差し給紙で印刷します。

封筒のフタを閉めるかどうかはプリンターのマニュアルを必ず確認してください。

僕の使っているプリンターだと長形封筒はふたを開ける、洋形封筒ではフタを閉めるでした。

 

封筒 印刷設定

Wordの上部メニューからファイル→印刷で印刷設定画面を出して手差し給紙に設定します。

手差し給紙で印刷する方法

  1. プリンターのプロパティをクリックします。
  2. 給紙方法を「手差し給紙」に設定します。
  3. OKをクリックします。
  4. 印刷を押すと印刷が始まります。

 

プリンターで印刷した封筒完成

印刷された封筒が排紙トレイから出てきます。

封筒をプリンターで印刷するのは難しいだろうなぁと思っていたのですが、かんたんに印刷できたのでビックリしました。

 

関連記事:フリーソフトで封筒を印刷したい方向け

はがき・封筒の宛名印刷が無料で出来るフリーソフトまとめ

 

印刷通販と比べてみました。

完成した封筒 印刷通販との比較

同じデータを「プリントパック」さんに印刷をお願いしてみました。

プリントパックさんでは封筒カラー印刷が50枚で2,500円、同じ印刷業界で働いている人間として安くてビックリしました。

上の画像を見れば一目瞭然ですが圧倒的にプリントパックの方が仕上がりが良かったです。

 

自宅のプリンターで印刷した封筒も悪くは無いんですが、インクジェットプリンターなのでインクが紙に吸収され沈んで発色が悪くなりました。

プリントパックで印刷した封筒はインクが封筒の上に乗っている感じではっきりキレイに仕上がりました。

きれいに仕上げたい方はプリントパックなどの印刷通販を利用するといいですよ!

 

-封筒

© 2020 うちプリ