オリジナルグッズラボで作ったトートバッグ

スポンサーリンク

オリジナルグッズ

オリジナルグッズラボでトートバッグを作りました。

2021年12月31日

この記事は、オリジナルグッズ作成サイトを選んでいる方向けに、

「オリジナルグッズラボ」の特徴や、トートバッグを作った時の感想・写真をまとめてあります。

 

実際に注文した体験なので、オリジナルグッズ作成のサイト選びにきっと役に立つはずです。

ぜひ、参考にしてオリジナルグッズを作ってくださいね!

 

 

 

オリジナルグッズラボの特徴

オリジナルグッズラボ

オリジナルグッズラボは、誰でも1個から安くオリジナルグッズを

必要な分だけ作成できるサイトです。

 

誰でも簡単にオリジナルグッズを作成できるのが売りで、

印刷データをオンラインで作成できるツールが準備されています。

 

高品質・低価格・短納期がモットーで、少量でも激安価格、

しかも、最短で3日営業日出荷で急ぎの注文にも対応できます。

 

作れるグッズの種類は500種類以上で、中でもバッグなど

布に印刷するアパレル系と、スマホケースが得意分野です。

 

 

オリジナルグッズラボでトートバッグを作ってみました。

オリジナルグッズラボ トートバッグ作成画面

オンラインで使えるデザインツールは、スマホからでも簡単に操作できます。

今回作ったデータは、画像のアップロードとテキストの挿入だけなので、5分もかからずに完成しました。

ポイント

デザインツールは、わかりやすさ優先の仕様なので、高度な編集機能はありません。

デザインにこだわりたい方は、adobeのイラストレーターかフォトショップでデータ作成するのがおすすめです。

 

オリジナルグッズラボトートバッグ外装

中身は布のトートバッグなので壊れる心配が無く、ビニール袋の簡易包装でした。

宅配業者は佐川急便さんです。

 

オリジナルグッズラボで作ったトートバッグ

■タップすると別窓で大きな画像が開きます。

選べるトートバッグ素材は23種類もあるので、悩みましたが、キャンパス生地の白と黒で作りました。

変わった素材だと、デニム生地やツートンカラーもありますよ。

ポイント

上の写真を見てわかる通り、黒だと布地の色に影響され、犬の写真が暗く見えます。

写真を明るく見せたいなら、白いキャンパス生地をおすすめします。

 

オリジナルグッズラボで作ったトートバッグ アップ1

アップで撮影、インクに少し光沢があります。

ポイント

印刷はUVインクジェット方式で、紫外線を当てると硬化するインクを使い、印刷直後に紫外線を当て硬化・速乾させています。

インクが染込む前に硬化するので、素材の上にインクが乗っている感じです。

 

オリジナルグッズラボで作ったトートバッグ アップ2

さらにアップで撮影、細かいところまでキレイに印刷されています。

 

■オリジナルグッズラボでトートバッグ(1個)を作るのにかかった費用

品名本体価格送料合計
トートバッグM(ブラック 24×37cm)2,200円187円2,387円

※価格確認日2021年12月31日(税込)

 

 

まとめ

今回は、オリジナルグッズラボで、トートバッグを作って、仕上がりや使いやすさを確認しました。

ポイント

  • 注文してから出荷までが速い(即日発送可能な商品もあり)。
  • トートバッグは、生地の素材が豊富。
  • オンラインデザインツールはスマホでも操作が簡単。
  • 作れるオリジナルグッズは500以上、特にアパレル系が得意。

 

 

  • この記事を書いた人

うちプリ

印刷会社に営業マンとして20年以上勤めている印刷のプロ(おじさん)。 いつも、会社でチラシの原稿作りを頑張っています!  このサイトでは、印刷物の自作や、ネットの印刷会社をレビューしています。 詳しいプロフィールはこちら

-オリジナルグッズ