クリアファイル比較 アイキャッチ画像

スポンサーリンク

オリジナルグッズ

【1枚から】オリジナルのクリアファイルが小ロットで安いサイト4選

2022年9月24日

 

写真やイラストを使って、オリジナルのクリアファイルを作りたい。

だけど、どのサイトが良いか判らないので、おすすめのサイトを教えて欲しい。

 

僕は印刷会社へ営業マンとして20年以上勤め、

官公庁や企業向けのクリアファイルを数多く制作してきました。

この記事では、印刷のプロである筆者が、クリアファイルを1枚から格安で作れる、

おすすめのサイトを4つ選んで紹介しています。

 

各サイトで作ったクリアファイルを、写真を使い比較してあるので、わかりやすいと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

うちプリ
少数対応で、安くクリアファイルを作れるサイトを選びました。

 

クリアファイル作成サイトの比較

サイト名クリアファイルONEME-Qグッズラボおたクラブ
スマホから作成×
仕上がりの良さ
素材光沢無し(マット)光沢無し(マット)光沢あり光沢あり
印刷面両面表のみ両面両面
納期5営業日出荷4営業日出荷11営業日出荷6営業日出荷
最低数量・価格1枚310円5枚1,350円1枚1,496円3枚1,200円
送料150円~500円~150円~300円~
特徴1枚なら格安、色の再現性は△スマホから簡単、片面印刷のみ仕上がりは良い、価格が高め完全データのみ、仕上がり良い

※サイズは全てA4タイプです。 ※確認日2022年9月21日

 

オリジナルのクリアファイルを1枚だけ格安で作りたいならクリアファイルONEがおすすめです。

本体と送料を合わせても500円以下なので、個人でも気軽に作れます。

ただし、色の再現性はそれなりなので、注意してくださいね。

 

色にこだわりたいなら、データの準備に手間はかかりますが、OTACLUB

スマホから作りたい、面倒なのは嫌いな方は、片面印刷だけですがME-Qがおすすめです。

 

 

それでは、各サイトを詳しく比較していきますね。

 

実際に印刷したクリアファイルの仕上がり

クリアファイル元画像

■クリファイル作成に使った元画像

こちらの写真とイラストを使い、実際にクリファイルを印刷しました。

 

位ファイルの比較画像1

■クリアファイルの比較画像(ガラス)

ガラスの写真の比較画像です。

色の濃さに違いがありますが、極端な差は感じません。

 

クリアファイルの比較画像2

■クリファイルの比較画像(イラスト)

印刷したイラストを比較した画像です。

こちらはハッキリ差がでています。

 

クリアファイルONEはちょっと赤が強かったですね。

ME-Qとグッズラボは、RGBカラーで入稿でもきれいに印刷されています。

オタクラブは印刷用のCMYKカラーで入稿したため、若干薄いですが元画像に近い色味です。

 

うちプリ

カラー印刷では、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックのCMYKカラーを使います。

CMYKカラーで印刷データを作ると色の再現性が高いです。

ただし、専門知識と対応ソフトが必要になります。

 

 

クリアファイルONE

クリアファイルONEで作ったクリアファイル

■クリアファイルONEで作ったクリアファイル

クリアファイルONEは、1枚から格安でオリジナルのクリアファイルを作れるサイトです。

1枚だけなら、送料込みでも500円もかからないので、気軽に作れます。

価格重視でクリアファイルを1~5枚ほど作成したい方におすすめです。

 

うちプリ

ただし、色の再現性はそれなりで、ツヤ無しクリアファイルのみ。

好みになりますが、光沢のあるクリアファイルの方が見栄えが良いです。

 

クリアファイルONEの編集画面

■クリアファイルONEの編集画面

印刷したい画像をアップロードするだけなので、簡単に注文できます。

ただし、画像の位置調整や文字入れなどの編集はできません。

文字入れしたい時は、事前に編集済みの画像を準備しましょう。

 

■クリアファイルONEでクリアファイルを1枚印刷した場合の費用

クリアファイル印刷(1枚・両面)310円
送料(ネコポス)150円
合計460円

※確認日:2022年11月24日

 

 

 

ME-Q

ME-Qで作ったクリアファイル

■ME-Qで作ったクリアファイル

ME-Qはスマホから約1万点のオリジナルグッズが作れるサイトです。

もちろん、クリアファイルも画像をアップロードするだけで簡単に作れます。

 

ME-Qの編集画面とクリアファイル

■ME-Qの編集画面とクリアファイル完成品

画像の拡大縮小や文字入れなど、自由に編集できるので、自分好みにカスタマイズ可能。

上の写真では、立ち絵、ちびキャラ、背景の3つの画像を組み合わせています。

 

支払いにAmazonpayが使えるので、Amazonの会員なら面倒な会員登録が不要

いつもAmazonで使っているカードで簡単に支払いできます。

面倒な事なしで、スマホから気軽にオリジナルのクリアファイルを作りたい人におすすめです。

 

うちプリ
ME-Qのクリアファイルは、5枚からで片面印刷だけです。

 

■ME-Qでクリアファイルを5枚印刷した場合の費用

クリアファイル印刷(5枚・片面1,350円
送料500円~
合計1,850円~

※確認日:2022年11月24日

 

 

 

グッズラボ

グッズラボで作ったクリアファイル

■グッズラボで作ったクリアファイル

グッズラボは、自分でデザインしたオリジナルクリファイルを、

そのままオリラボマーケットで販売できます。

販売したいデザインを登録しておけば、売れるたびにグッズラボで決済代行から印刷・発送してくれます。

ノーリスク・在庫無し販売なので、自分で描いたイラストをグッズにしたい方におすすめです。

 

グッズラボの編集画面

■グッズラボの編集画面

デザインエディタは有料ソフト顔負けの多機能ぶりです。

その他にも、Adobe系編集ソフトの完全データでも入稿可能。

 

■グッズラボでクリアファイルを1枚印刷した場合の費用

クリアファイル印刷(1枚・両面)1,496円
送料150円~
合計1,646円~

※確認日:2022年11月24日

 

 

 

同人印刷所おたクラブ

おたクラブで作ったクリアファイル

■同人印刷所おたクラブで作ったクリアファイル

同人印刷所おたクラブは、同人誌とオリジナルグッズの印刷に特化したサイトです。

3枚から注文可能で、値段も安く、個人でも気軽に注文できます。

注文には、Adobe社のフォトショップなどで作った

印刷用の完全データが必要なので注意してくださいね。

 

おたクラブで作ったクリアファイル(ハートのホログラム)

■ハートのホログラム加工

ハート形などのホログラム加工ができるのが特徴で、可愛い仕上がりになります。

 

うちプリ
おたクラブのクリアファイルは、3枚から注文可能です。

 

■おたクラブでクリアファイルを3枚印刷した場合の費用(2022年9月現在)

クリアファイル印刷(3枚・両面)1,200円
送料300円~
合計1,500円~

※確認日:2022年9月24日

 

 

 

オリジナルクリアファイル作成のよくある質問

うちプリ

ここでは、オリジナルクリアファイル作成で、よくある疑問を紹介します。

 

クリアファイルは何サイズで作ればいいの?

日本国内では、A4サイズの用紙が多く使われています。

クリアファイルは紙を入れる事が多いので、A4サイズがおすすめです。

 

A4サイズのクリアファイルが入る封筒は?

A4サイズのクリアファイルが入る封筒は角2サイズになります。

 

オリジナルクリアファイルは販売促進に使えますか?

商品資料をオリジナルクリアファイルに入れて渡すなど、販売促進に使えます。

ただし、全面に広告を印刷すると、中身が見えなくて使いづらいので注意しましょう。

会社名・ロゴ・連絡先だけなど、シンプルな物がおすすめです。

 

まとめ:オリジナルのクリアファイルが安いサイト4選

今回はオリジナルのクリアファイルが安く作れるサイトをまとめました。

 

各サイトの特徴

  • クリアファイルONE:1枚だけ格安で作れます。発色は△、編集ができない。
  • ME-Q:スマホから簡単に作れるが、片面印刷だけ。Amazonpay対応。
  • グッズラボ:料金は高いが、デザインしたクリアファイルをすぐに販売可能。
  • おたクラブ:仕上がりが良く、値段も手ごろ。印刷用の完全データが必要。

 

各サイト一長一短ありますが、値段重視なら「クリアファイルONE」、

簡単さ重視なら「ME-Q」、仕上がり重視なら「おたクラブ」をおすすめします。

 

  • この記事を書いた人

うちプリ

印刷会社に営業マンとして20年以上勤めている印刷のプロ(おじさん)。 いつも、会社でチラシの原稿作りを頑張っています!  このサイトでは、印刷物の自作や、ネットの印刷会社をレビューしています。 詳しいプロフィールはこちら

-オリジナルグッズ