スポンサーリンク

名刺作成

名刺作成お役立ち情報まとめ

名刺作成したいと思っている方に、いますぐ使えるフリーソフト情報や名刺サイズや用紙の基本情報、似顔絵名刺を格安で作った体験談やコスプレ名刺の作り方まで、まとめて紹介します!

全部、実際に体験してから書いていますので、これから名刺作成をする方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

名刺作成用のフリーソフト

名刺作成のフリーソフトをダウンロードから名刺を印刷するまで試して、使いやすさやデザインテンプレートの多さなどを比較し、使い方を詳しく解説しています。

▼僕が名刺作成フリーソフトを試してみた体験記事はこちらです。

名刺作成が無料で出来るフリーソフト9選

 

名刺作成アプリを使った印刷通販

スマホで注文した名刺集合

スマホがあれば自宅にパソコンやプリンターが無くても特に困る事ってありませんよね。

名刺だってアプリを使った印刷通販を使えば、きれいに印刷された名刺が自宅に届くんです。

名刺作成アプリを使った印刷通販5つ(すぐ名刺・デコプチカード・かんたん名刺・アーティス名刺工房・みんなの名刺)を使って管理人が実際に名刺を作成。

価格やデザインテンプレート数、納品スピードなどを比較した記事になります。

▼名刺アプリを使った印刷通販の体験談や比較が知りたい方にオススメです。

スマホの名刺作成アプリ5つを体験して比較しました。

 

名刺作成アプリで自作名刺を作ってみた

スマホで名刺印刷

スマホの無料アプリ「らくちんプリント」を使って、スマホで名刺を作成して自宅のプリンターで印刷してみました。

必要なものはスマホ・WIFI接続のできるプリンター・elecom名刺用紙の3つだけ、用紙の設定から名刺を編集して印刷するまでを写真を交えてわかりやすく解説しています。

▼やってみる前はスマホで名刺が印刷できるか不安でしたが、簡単に名刺ができました!

スマホの名刺作成アプリを使って名刺を自宅で印刷してみた。

 

似顔絵名刺を格安で作る方法

似顔絵名刺

似顔絵名刺って渡された瞬間に「おっ」と思いますよね、インパクトがありますし親近感もわきます。だけど、お値段も専門業者に依頼すると最低で8,000円程度するので、個人で払うには勇気がいる金額ですよね。

そこで、なんとか安く似顔絵名刺を作ろうと考え「みんなの得意を売り買いするマーケットココナラ」で似顔絵作成から名刺デザイン・印刷会社への入稿デー作成までを2,000円で依頼して、
作った似顔絵名刺のデータを印刷通販で500円で印刷しました。

▼合計2,500円で似顔絵名刺ができちゃいましたので、似顔絵名刺を作りたい方は、ご参考までにご一読ください!

似顔絵名刺がココナラと印刷通販で2500円で作れました!

 

コスプレ名刺の役割と作り方

コスプリントで作った名刺

コスプレ名刺の必要性と役割をコスプレ歴10年以上の古参レイヤーが熱く語ります。

最近では、コスプレ名刺を使わないで、その場でSNSでつながってしまう方も多いですが、いきなり知らない人とつながるのって怖くないですか?

コスプレ名刺でワンクッション置けば、後で自分と趣味が合いそうな人かを確認する事ができるので安心ですよ。

それと、きれいな写真のコスプレ名刺がスマホだけで作れる印刷通販「コスプリント」を使ったコスプレ名刺の作り方もあります。

▼コスプレ名刺の写真をキレイに仕上げたい方にも参考になりますよ。

コスプレ名刺の役割と作り方!古参レイヤーが詳しく教えます。

 

名刺の印象はフォントで変わる

おすすめwindowsフォントイメージ画像

名刺を作る時に気を付けたいのが文字のフォント(書体)です。同じ内容の名刺でも、フォントや文字の太さが違うと相手に与える印象がまるで違います。

名刺によく使われる3大フォント「明朝体」「ゴシック体」「丸ゴシック」を使った場合に相手に与える印象や、どんな職業の名刺に向いているかを全部サンプル画像を使って解説。

それと、WINDOWS標準搭載されているものでオススメなフォントと、オススメのフリーフォントも合わせて紹介しています。

▼ワードの無料テンプレートがあるので、すぐに名刺を印刷することもできますよ。

【無料テンプレート】名刺におすすめのWindowsフォントはこれ!

 

自作名刺と印刷通販のコストを比較

ビジネス用の名刺をコストカット目的で自作すると、印刷クオリティが下がってしまい、相手に与える第一印象が下がる可能性があります。

この記事では、自作名刺と印刷通販のコストを比較して本当に自作名刺の方がコストが安く済むのか検証しています。

▼自作名刺と印刷通販のコストを比較、ワンコインで名刺印刷のできる印刷通販の紹介も!

自作名刺は本当に安いの?印刷通販とコストを比較しました。

 

名刺を即日・当日受け取る為のポイント

名刺交換

大事な商談があるのに名刺を切らしてしまった、どうしても今日中に名刺が欲しい。

できれば名刺を当日受け取りたい人のために、原稿のまとめ方から交渉の仕方まで、印刷営業マンとして20年勤務している管理人が詳しく解説します。

スムーズに進めるコツは、用紙やレイアウトなど細かい事は印刷会社におまかせで文句は言わない事、前払いで支払する事、印刷前の確認(校正)はPDFファイルをメール送付してもらう事です。

▼大至急、名刺が欲しくて悩んでいる人に!具体的な交渉の仕方もありますよ。

名刺を即日印刷、当日受け取るための5つのポイント!

 

名刺のサイズについて

名刺サイズを詳しく解説:一般的なサイズからピクセルまで

日本で一般的な名刺のサイズは91×55mmですが、なぜそのサイズになのか理由を解説しています。

それと、大きなサイズの名刺を使うデメリット、国別の名刺サイズの違いなど、名刺サイズについて詳しくまとめた記事です。

▼日本で一般的な名刺サイズは91X55mmですが、もっと詳しく知りたい方向けです。

名刺サイズを詳しく解説:一般的なサイズからピクセルまで

 

自作名刺に使う用紙について

名刺用紙の選び方

さまざまなメーカーから色々な厚さの名刺用紙が販売されていますが、あまりにも薄い紙だと相手に悪い印象を与えてしまうので気を付けたいところです。

印刷会社でよく使用されている用紙や100円均一の名刺用紙も含めて7種類の名刺用紙の厚さを比較し、どの厚さを選べばいいのか解説しています。

それと、マイクロミシンやクリアエッジといった名刺の切り口についても詳しく解説しています。

▼名刺用紙の選び方について悩んでいる方はご一読ください。

自作名刺の印刷にオススメの用紙はこれ!メーカーから厚さまでを解説。

 

トップページに戻る

-名刺作成

© 2020 かんたん!できる!印刷通販